So-net無料ブログ作成

稲武にて(愛知県豊田市) [小旅行]

 最近、豊田市の仲間入りした稲武へ。道中、50万人の人出を誇る紅葉の名所、香嵐渓を通るものの、大丈夫、まだその辺りは紅葉していないため、たいして混んではいない。(もちろん、一番混む所は避けたが)
 道中もすでに綺麗だったこともあり、制限時速周辺で走っていたのだが、煽られる。警察の取り締まりもあったし、感謝して欲しいものだが。田舎とはいえ、かなり広い道。抜けないこともないだろうに。まあ、暴走しても運転者以外には被害の及ばないところで、道を譲る。油断してはいけない。ビルや工場の代わりに田と林があるだけである。原野ではないのだから、人がいきなり出てくることもたまにはある。
 道の駅「どんぐりの里」に立ち寄る。農産物等直売「どんぐり横丁」と2階建ての温泉「どんぐりの湯」外には、軽食等の売店がある。

 ポストの右は、綿菓子を作る機械。100円でひとつ作ることができる。(上手く作れなかったが)弁当が売っていないため、パンとフランクフルト、栗おこわを購入。
 ここから徒歩で大井平公園に向かう。事前に、駐車場が空いている可能性が少ないことを聞いていたためだが、歩道がなく、多少危険ではある。
 警備員の交通整理で横断歩道を渡り、山側へ向かう。紅葉を見るだけなら上まで登る必要はない。紅葉が途絶えたところで引き返した。

 この木の近くで昼食を食す。この写真からアルバムへ行ける。興味があればご覧頂きたい。
 その後、もう一度横断歩道を渡り左へ。川の方へ向かう。ここからは山の方とはまた違う風景になる。紅葉の様子はこんな感じである。緑のものから終わりかけのものに、黄色も混じり、にぎやかな印象である。写真中央の展望台周辺は、ギンナンの臭いが強い。足元はイチョウの葉の絨毯が。すでに見頃とはいえるが、まだまだ、長い間楽しめそうである。

 ここから、遊歩道を歩く。先月初めに草を抜いたのかな?という印象。雨で濡れている上に、短い草が足元を隠している。石は浮いているものが多い。歩いているうちに、遊歩道であることに疑いを感じる。とはいえ、別世界のような光景をふたりで長時間独占できたのは幸いである。夜間照明がないからか、夕刻には公園の駐車場が空になっていた。
 帰路、夕刻には常でも混んでいる足助経由の道を敢えて通る。すでに、夜間照明が始まっており、駐車場の客引きも多い。足助に向かう車の方が混んでいる様子。「きれい」と夜間照明を見て言う彼女に様子を聞くと、まだ緑が多いらしい。今年は、香嵐渓にも行きたいのだが、今からこんな調子では・・・・ちょっと厳しいかな?


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 7

凄い偶然ですね! 私たちも、どんぐりの里&大井平公園へ行きました(^^♪
ホントにすれ違っていそうですね♪
紅葉の写真が、すごく綺麗に撮れてますね!
私は、なかなか綺麗にとれなくて残念ですた。
でも、moさんの写真ならあの綺麗さは、伝わりますね♪
by (2007-11-11 11:43) 

masa

紅葉きれいですね~。
稲武も豊田になったのをはじめて知りました・・・
一度行った事ありますよ!
by masa (2007-11-11 13:59) 

mo

deburinn さん、凄い偶然ですね。僕は、段戸湖の方と迷っていたんですよね。多分、すれ違っていると思います。
 masaさん、もうしばらくきれいだと思いますよ。
by mo (2007-11-11 17:19) 

つぼっち

きれいに色づいていますね。
昔、稲武や設楽町によく行ったのを思い出しました。
やはり、豊田市の稲武というのには違和感があります。
by つぼっち (2007-11-11 21:27) 

mo

 こんばんは、つぼっちさん。基本的に、編入された稲武や足助などはそのまま地区名として名前が使われていますし、意識する必要はあまりないと思います。(関係者はそうは行きませんが。)
by mo (2007-11-11 22:51) 

keroro

紅葉きれいですねーー。
やはり混むんですね・・・。
でも見たい気持ちはみんな一緒ですものねー。
by keroro (2007-11-11 23:39) 

mo

 keroroさん、こんばんは。そうですね、電車で行けないだけに、紅葉の魅力と渋滞の恐怖をみんな、秤にかけながら見に行くんですよね。
by mo (2007-11-12 19:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。